スクスタ

【スクスタ】ビッグライブおすすめ編成を徹底解説【攻略の鍵は特化】

【スクスタ】ビッグライブおすすめ編成解説

こんな人におすすめ

  • ビッグライブで賞が取れるおすすめ編成を知りたい
  • ビッグライブで最優秀賞を取る方法を知りたい

ビックライブで1位取るの難しいですよね

「全然1位が取れない」
「廃課金してないと無理でしょ」

そう思っている人も多いと思います。

確かに最優秀賞は廃課金が非常に有利です。
ですが、個別賞なら十分1位獲れます

僕も始めは苦戦していたのですが、色々試行錯誤した結果、最終的に前回のビッグライブでSP特技賞を19回獲れました。

そこで、今回はビッグライブに特化したおすすめ編成を徹底解説します。
最優秀賞の編成の組み方も解説しているので、参考にしてみてください。

それでは始めます!

Sponsored Links

ビッグライブ攻略編成:SP特技賞狙い

SP特技賞の獲り方

SP特技賞はライブ中に一番SP特技を発動させた人が獲得できる賞です。

ライブ中にSPゲージを出来るだけ多く溜め、SP特技の発動回数を稼ぐ必要があります。
そのため、SPタイプのSPゲージ獲得またはSPゲージ獲得量上昇キャラが活躍できます。

SP特技賞のおすすめ編成

【スクスタ】ビッグライブSP特技賞おすすめ編成

作戦編成

赤作戦と緑作戦にはSPゲージ獲得orSPゲージ獲得量上昇の特技を持つSPタイプを編成
アクセサリーは音符のキーホルダーで特技発動率を高め特技でSPゲージを稼ぎます。
もしくはフラワーのブレスレットでSPゲージを稼いでもOKです。

青作戦にはサポートキャラを編成

以下の個性を持つキャラを優先して配置します。

  • SPゲージ獲得
  • SPゲージ獲得量上昇
  • 特技発動率上昇

ただし、条件が曲開始時以外を選ぶようにします。

曲開始時でも少しはSPゲージを稼げますが、効果が小さいかつ確率発動なので発動しないことも多いです。
なので、条件はアピールチャンス(AC)開始時や作戦変更時のものを選ぶようにしてください。

アクセサリーはフラワーのブレスレットを装備してSPゲージを稼ぎます

ライブ内容

赤作戦と緑作戦を交互に切り替えて、作戦切替ボーナスでもSPゲージを稼ぎます

SP特技賞の編成例

おすすめ編成を少しアレンジした編成も紹介します。

スタミナ不足を補う編成

サポートキャラだけでスタミナが足りない場合は、赤作戦の3番目にスタミナ回復orシールド特技を持つキャラを配置します。

以下のキャラはSPタイプにも関わらず、スタミナ回復orシールド特技を持っているのでおすすめです。

  • [フィーリングシグナル]天王寺璃奈(エレガント属性・SPタイプ)
  • [ラピヌ・ミミ]黒澤ダイヤ(クール属性・SPタイプ)

上記のキャラがいない場合は、GdタイプよりもSkタイプがおすすめ。
作戦効果で特技発動率が上がるので、SPタイプの特技が発動しやすくなります。

もしそれでもスタミナが足りない場合は、緑作戦の3番目にも回復系のキャラを配置。

SP特技賞狙いにオススメのキャラ

  • [Delightful Waltz]エマ・ヴェルデ(ナチュラル・SPタイプ)
  • [Miracle voyage]渡辺曜(スマイル・SPタイプ)

エマ・ヴェルデ(ナチュラル・SPタイプ)は特技こそ他のキャラと変わりませんが、個性が非常に強力です。
作戦変更時に40%の確率でSPゲージを600獲得できます。
作戦切替ボーナスと合わせると合計でSPゲージ900獲得。
通常の3倍のSPゲージを稼ぐことが出来ます。

渡辺曜(スマイル・SPタイプ)はSPゲージ獲得の特技に加え、個性でもSPゲージの獲得量を増やすことが可能。
そのため、他のSPゲージ獲得キャラよりもSP特技賞に向いています。

SP特技賞を取るコツ

SP特技賞を取るコツは作戦切替ボーナスを活用すること

作戦を全てSPタイプで編成すれば、作戦切替ボーナスで必ずSPゲージ300を獲得出来ます。
仮に曲が全部で180ノーツだとしたら、作戦切替36回 × SPゲージ300 = SPゲージ10,800。
これはSP特技2回分ぐらいの量です。(上級の場合SPゲージの最大値は6,000)

作戦切替の回数が多いので、面倒に感じるかもしれません。
ですが、面倒に感じる人が多いからこそ作戦切替ボーナスを活かせすことでSP特技を狙えます

ビッグライブ攻略編成:特技賞狙い

特技賞の獲り方

特技賞はライブ中に一番特技を発動させた人が獲得できる賞です。

ライブ中に特技を発動させるには特技発動率を上げる必要があります。
そのため、今まで活躍の場が無かった特技発動率上昇の特技を持つキャラが活躍出来ます。

特技賞のおすすめ編成

【スクスタ】ビッグライブ特技賞おすすめ編成

作戦編成

緑作戦には特技発動率上昇の特技を持つSkタイプを編成
アクセサリーは音符のキーホルダーで特技発動率をさらに高めます。

赤作戦と青作戦にはサポートキャラを編成

以下の個性を持つキャラを優先して配置します。

  • 特技発動率+:AC時
  • 特技発動率+:AC成功時
  • 特技発動率UP:AC時
  • 特技発動率UP:AC成功時

ただし、スタミナ不足でゲームオーバーになってしまう場合はスタミナを補助するようにします。

アクセサリーは星のネックレスを装備してスタミナ切れを防ぎます。
音符のキーホルダーはサポート編成に装備しても効果がないので注意してください。

ライブ内容

作戦変更は無しで緑作戦のまま曲を攻略します。

特技賞の編成例

おすすめ編成を少しアレンジした作戦切り替え編成も紹介します。

作戦変更時の個性を活かす編成

特技発動率上昇:作戦変更時の個性を持つキャラは作戦変更時に特技発動率を上昇できます。

  • [スプラッシュマリン]渡辺曜(ピュア属性・Voタイプ)
  • [ハッピーパレード]小泉花陽(スマイル属性・Voタイプ)

これらのキャラを活かす場合は、赤作戦と緑作戦の2つをメイン作戦にします。

赤作戦は緑作戦と同様にSkタイプ3人を配置。
赤作戦と緑作戦を交互に切り替えて、特技発動率をさらに上昇させます。

スタミナ不足を補う編成

サポートキャラだけではスタミナが足りない場合は、赤作戦をサブ作戦として使用します。

赤作戦には特技発動率が上がるSkタイプを2人、残り1人はスタミナ回復orシールドキャラを配置します。
少しでも特技発動率を上げたいので、出来ればSkタイプのシールドキャラが良いです。

作戦は緑作戦をメインに使用。
間に赤作戦を少し挟むことでスタミナ切れを防ぎます。

スタミナはゼロにならなければOKなので、赤作戦の使用は必要最低限でOKです。

特技賞狙いにオススメのキャラ

  • [デビルロッカー]津島善子(ナチュラル属性・Skタイプ)
  • [welcome to the party]南ことり(ナチュラル属性・Skタイプ)
  • [スイートナイトパレード]東條希(スマイル属性・Skタイプ)

津島善子(ナチュラル属性・Skタイプ)の特技は2ノーツの間特技発動率が30%上昇。
他の特技発動率上昇キャラは5%前後なので、約6倍の性能を持つ驚異的なキャラ。
2ノーツと効果時間は短いですが、これだけ上昇率が高ければ問題はありません。
まさに特技賞を取るためのキャラと言ってもいいぐらいの性能を持ってます。

南ことり(ナチュラル属性・Skタイプ)と東條希(スマイル属性・Skタイプ)は特技こそ普通の特技発動率上昇ですが、個性でも特技発動率を上昇させることが可能。
そのため、他の特技発動率上昇キャラよりも一歩有利になります。

特技賞を取るコツ

特技賞を取るコツはサポートキャラも特技発動率上昇キャラで固めること

メイン3枚+サポート6枚も特技発動率上昇キャラを揃えるのは大変かもしれません。
ですが、大変だからこそ揃えられれば特技賞を狙えます

特技発動率上昇キャラをURだけで揃えるのは難しいので、足りなければSRキャラも編成して補います。
ただし、SRキャラを入れるとスタミナが下がるので難易度の高い楽曲ではゲームオーバーに注意してください。

Sponsored Links

ビッグライブ攻略編成:ボルテージ賞狙い

ボルテージ賞の獲り方

ボルテージ賞はライブ中に一番ボルテージを稼いだ人が獲得できる賞です。

ライブでボルテージを稼ぐにはアピールの高いキャラを揃える必要があります。

ボルテージ賞のおすすめ編成

ここでは低難易度曲の編成を紹介します。

【スクスタ】ビッグライブボルテージ賞おすすめ編成

作戦編成

緑作戦にはアピールの高いVoタイプを編成
アクセサリーは虹のブローチでアピールをさらに高めます。

赤作戦と青作戦にはサポートキャラを編成

以下の個性を持つキャラを優先して配置します。

  • 緑作戦のアピール上昇

ただし、ある程度スタミナを維持しないと獲得ボルテージが下がります
(スタミナ黄色ゲージ:20%減少、スタミナ赤ゲージ:40%減少)
そのため、必要に応じてスタミナを補助するようにします。

アクセサリーはフラワーのブレスレットを装備してSP特技でもボルテージを稼ぎます。

ライブ内容

作戦変更は無しで緑作戦のまま曲を攻略します。

ボルテージ賞狙いにオススメのキャラ

  • [スカーレットカレッジ]優木せつ菜(アクティブ属性・Voタイプ)
  • [天使の子守歌]近江彼方(エレガント属性・Voタイプ)
  • [海神の巫女]松浦果南(ナチュラル属性・Voタイプ)

どのキャラもアピールが非常に高く、個性でもアピールを増加できるキャラになってます。
曲の属性に合わせて使うとよりスコアを伸ばせます。

ボルテージ賞を取るコツ

ボルテージ賞を取るコツは曲のギミックに合わせて編成を変えること

今回紹介した編成は低難易度曲ならハイスコアを狙えますが、高難易度曲だとスコアが伸びません。
高難易度曲で獲得ボルテージを増やすには、曲のギミックに合わせた編成をする必要があります。

曲ごとのギミックに関しては下記にまとめてあるので参考にしてみてください。

上級Sランク編成まとめ
【スクスタ】上級Sランク編成まとめ【楽曲別に攻略】

続きを見る

 

ビッグライブ攻略編成:最優秀賞狙い

最優秀賞の獲り方

最優秀賞は全部の賞の総合順位が高い人が獲得出来ます。

1つの賞で1位を取るだけでは最優秀賞は獲得できません。
例えば、次のような場合どちらの人が最優秀賞を取れるでしょうか?

  • Aさん(1位・10位・15位)
  • Sさん(3位・3位・6位)

正解は、Sさんです。

Aさんは1位を1つ取っていますが、他の2つの賞の順位が低いので平均順位が下がっています。
Sさんは最高順位こそ3位ですが、3つの賞の順位が高いので平均順位が高いです。

そのため、この2人なら最優秀賞はSさんになります。
ちなみにSさんの順位は私が実際に最優秀賞を取った時の順位です。

最優秀賞を狙える条件は以下の通り

  • 最低でも2つの賞で3位以内を狙える

この条件も満たせない場合は最優秀賞を取るのが難しくなります。

最優秀賞のおすすめ編成

最優秀賞を狙うには、以下の編成を目指します。

  • 2つ以上の賞で3位以内
  • もう1つの賞で1桁台

まずは、一番高い順位を狙える賞の編成を組みます
ここでは仮にA賞とします。
このA賞を狙う編成は、ギリギリ1位を目指す編成ではなく全力で1位を獲りにいく編成にしてください。

次に、残り2つの賞の中で高い順位が取れる方の編成を別に組みます
ここではB賞としましょう。
B賞も全力で高い順位を獲る編成にします。
A賞とB賞は同じキャラ、同じアクセサリーを使ってもOKです。

そして、2つの編成を組み合わせます。

この時、A賞の編成をベースにします。
例えばボルテージ賞でもっとも高い順位を取れそうなら、1人だけSPタイプに変えればSP特技賞、Skタイプに変えれば特技賞のようなイメージです。
A賞で3位ぐらいに入れるように戦力を調整してください。
1〜2割程度戦力を落とすイメージでいいと思います。

ここで1度、ビッグライブをプレイしてどのくらいの順位を取れるか確認します。
狙った2つの賞で3位以内を取れればOK
最優秀賞を取らないと順位がわからないので、各賞の値よりも少し低めを目安にします。

2つの賞で3位以内を取れていない場合の調整方法は以下の通り。

A賞の順位が下がりすぎた場合:A賞狙いの編成に寄せる

B賞の順位が足りない場合:B賞狙いの編成に寄せる

足りない方の編成に少し寄せるように編成して順位を調整してください。
もしA賞とB賞の順位が足りない場合は最優秀賞を取るのは難しいので、最優秀賞ではなくA賞狙いに切り替えた方がコインが稼げます。

2つの賞で3位以内に入ることが出来れば、十分最優秀賞は狙えます
ですが、もし3つめの賞があまりにも低い場合は少しだけ調整します。

例えば、アクセサリーをキーホルダーに変えて特技の回数を増やしたり、サポートキャラに回復キャラを入れて回復量を上げたりするイメージです。
平均以上を取れれば良いので、ほんの少しだけ順位を上げればOKです。

最優秀賞を取るコツ

最優秀賞を取るコツは1位にこだわらないこと。

最優秀賞は全ての賞の順位が高くないと取れません
1位にこだわって編成してしまうと他の賞の順位が下がってしまいます。

もちろん、全て1位を取って最優秀賞を取る人もいます。
ですが、そんな人はごく僅かです。

2つ以上の賞で3位以上を取れれば、よほど運が悪くない限りビッグライブ期間中に最優秀賞を取れるはずです。
もし全ての賞で3位以上を取れれば、ビッグライブ期間中に何回も最優秀賞を取れます。

なので、最優秀賞を目指すなら1位にこだわらずに平均順位を意識して編成するようにしてください。

最優秀賞を取れることが出来れば、コインをたくさん稼げるようになります。
ぜひチャレンジしてみてください。

 

Sponsored Links
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sa-ga

スクスタが楽しくて毎日ときめいてます。
推し→エリチ、ダイヤちゃん、彼方ちゃん。
上級+無凸SR9枚、金アクセのみで全曲クリア達成。
スクスタを楽しむ人が増えたら嬉しいです。

-スクスタ

Copyright© saganoblog , 2020 All Rights Reserved.