ミニ四駆

【ミニ四駆】ローラーの種類とサイズ一覧まとめ【早見表付き】

ミニ四駆ローラーの種類とサイズ

こんな人におすすめ

  • ミニ四駆ローラーの種類を知りたい
  • ミニ四駆ローラーの大きさの違いについて知りたい

ミニ四駆のローラーはたくさん種類があって、どれのローラーを選べばいいかわからない人も多いはず。

そこで、今回はミニ四駆のローラーについてまとめました。

Sponsored Links

ミニ四駆ローラー早見表

最初はミニ四駆の主なローラーの一覧から紹介。

ローラー名 ローラーサイズ 重量 種類
2段低摩擦プラローラー​ 13mm 0.6g プラスチックタイプ
ロングスタビ低摩擦プラローラー 13mm 0.3g プラスチックタイプ
低摩擦プラローラー 16mm 0.3g プラスチックタイプ
ショートスタビローラー 16mm 0.3g プラスチックタイプ
低摩擦プラローラー 19mm 0.5g プラスチックタイプ
2段アルミローラー 9mm 0.6g 2段アルミタイプ
2段アルミローラー 13mm 1.4g 2段アルミタイプ
ゴムリング付2段アルミローラー 13mm 1.5g 2段アルミタイプ
17mmアルミベアリングローラー 17mm 0.7g ゴムリングタイプ
19mmアルミベアリングローラー 19mm 0.8g ゴムリングタイプ
ローラー用9mmボールベアリング 9mm 0.6g ベアリングタイプ
ローラー用11mmボールベアリング 11mm 1.5g ベアリングタイプ
ローラー用13mmボールベアリング 13mm 2.1g ベアリングタイプ
17mmプラリング付アルミベアリングローラー 17mm 0.8g プラリングタイプ
19mmプラリング付アルミベアリングローラー 19mm 1.1g プラリングタイプ
19mmプラリング付アルミベアリングローラー(ディッシュタイプ) 19mm 0.8g プラリングタイプ
13mmオールアルミベアリングローラー 13mm 0.8g オールアルミタイプ
19mmオールアルミベアリングローラー 19mm 1.3g オールアルミタイプ

次は、ミニ四駆ローラーの種類についてです。

ミニ四駆ローラーの種類一覧

ミニ四駆ローラーの種類は大きく分けると次の6種類。

  • プラスチックタイプ
  • 2段アルミタイプ
  • ゴムリングタイプ
  • ベアリングタイプ
  • プラリングタイプ
  • オールアルミタイプ

ローラー各種類の特徴は以下の通り。

プラスチックタイプ

プラスチック製のローラー。

とても軽く、摩擦抵抗も少ない。
ミニ四駆キットに付属しているローラーもプラスチックタイプ。

ただし、耐久性が低いためレースではあまり使われない。

2段アルミタイプ

上下2段のローラーが一つになっている。

上下のローラーで大きさが異なり、上のローラーは下のローラーよりも1mm小さい。
通常走行の時は下のローラーのみ使用。
ミニ四駆が傾いた時に、上のローラーが壁に当たりコースアウトを防いでくれる。

上下を逆に付けると効果が無いので注意。

ローラーサイズ:9mm

ローラーサイズ:13mm

 

ゴムリングタイプ

ローラーにゴムリングを付けたタイプ。

ゴムリングによりコーナーで減速させることができる。
コーナーへの進入速度を落としたい場合に有効。

ローラーサイズ:17mm

ローラーサイズ:19mm

ベアリングタイプ

ボールベアリングをローラーにしたタイプ。

金属のため、壁に程よく食いつく。
そのため、コーナリングが安定しやすい。

ただし、他のローラーに比べて重量が重い。

ローラーサイズ:9mm

ローラーサイズ:11mm

ローラーサイズ:13mm

プラリングタイプ

ローラーにプラリングをつけたタイプ。

ローラーの周囲のみプラスチックで内部はアルミ製。
そのため、プラスチックタイプよりも耐久性が高い。

プラスチックタイプと同様に摩擦抵抗が少ないため、コーナーを高速で抜けられる。

ローラーサイズ:17mm

ローラーサイズ:19mm

オールアルミタイプ

アルミ製のローラー。

壁に程よく食いつき、ベアリング入りなので速度もあまり落ちない。

ローラーサイズ:13mm

ローラーサイズ:19mm

続いて、ミニ四駆ローラーの選び方を紹介。

Sponsored Links

ミニ四駆ローラーの選び方

「結局、どのローラーを使ったらいいんだろう・・・。おすすめのローラーは?」

ミニ四駆ローラーの種類について一通り話した。
しかし、どのローラーを使ったらいいかわからない人もいると思う。

そこで、基本的なローラーの選び方を紹介するので参考にしてほしい。

コーナーの速度を上げたい場合の選び方

おすすめローラータイプ:プラリングタイプ

コーナでの速度を上げたい場合は、プラリングタイプがおすすめ。

フェンスにあまり食い込まないので、コーナーを高速で抜けることができる。

プラスチックタイプもあまり食い込まないが、耐久性が低い。
そのため、プラスチックタイプではなくプラリングタイプを使いたい。

コーナーでの速度を落としたい場合の選び方

おすすめのローラータイプ:ゴムリングタイプ

コーナーへの進入速度を落としたい場合はゴムリングタイプがおすすめ。

ゴムリングがコーナーによく食いつくので、速度を落としてくれる。
ただし、全てのローラーをゴムリングにすると速度が落ちすぎる可能性もある。

コーナーでの安定性を高めたい場合の選び方

おすすめローラータイプ:2段アルミタイプ、ベアリングタイプ、オールアルミタイプ

コーナーでの安定性を重視する場合は、フェンスに程よく食いつくタイプのローラーがおすすめ。

フェンスに程よく食いつくので、プラ系ローラーに比べコースアウトし難い。

2段アルミローラーを使用すれば、さらにコースアウトの可能性を下げてくれる。

次はミニ四駆ローラーの大きさの違いについて紹介。

ミニ四駆ローラーの大きさの違い

ミニ四駆のローラーの大きさは主に5種類。

  • 9mm
  • 11mm
  • 13mm
  • 17mm
  • 19mm

ローラーの大きさによって特徴が異なる。

小さいローラーの特徴

小さいため軽量なローラーが多く、マシンの重量を抑えたい場合に向いている。

ただ、コースの継ぎ目などの衝撃を吸収できない。
そのため、コースの継ぎ目で姿勢がぶれる可能性がある。

また、ローラーが小さいのでミニ四駆の幅を狭くすることが出来る。
幅を狭める事でコーナーでの安定性が増す。
ただし、ストレートでの安定性は低下する。

大きいローラーの特徴

コースの継ぎ目などの段差を吸収してくれる

ただし、大きい分重量が重くなる。
そのため、軽量化には向いていない。

ローラーが大きいため、ミニ四駆の幅を広くすることが出来る。
幅を広くすることで、ストレートでの安定性が増す。
ただし、コーナーでの安定性は低下する。

Sponsored Links

ミニ四駆ローラー用スタビ一覧

最後に、ミニ四駆のコースアウトを防ぐためのスタビ(スタビライザー)の一覧を紹介。

スタビとはミニ四駆のローラーの上につけるコースアウト防止のための棒のこと。
通常走行時は一切壁に触れない。
しかし、コースアウトしそうになりミニ四駆が傾いた際、壁にあたりミニ四駆がひっくり返るのを防いでくれる。

もしコースアウトに悩んでいるなら、スタビをつけるのもおすすめ。

Sponsored Links
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sa-ga

スクスタが楽しくて毎日ときめいてます。
推し→エリチ、ダイヤちゃん、彼方ちゃん。
上級+無凸SR9枚、金アクセのみで全曲クリア達成。
スクスタを楽しむ人が増えたら嬉しいです。

-ミニ四駆
-

Copyright© saganoblog , 2020 All Rights Reserved.