ミニ四駆

【ミニ四駆】モーターの慣らし方まとめ【初心者から上級者まで】

ミニ四駆モーターの慣らし方

こんな人におすすめ

  • ミニ四駆モーターの慣らしについて知りたい
  • ミニ四駆のモーターの慣らし方にどんな方法があるか知りたい

「ミニ四駆はモーターの慣らしをすると速くなるらしい・・・」

その通り!

モーターは買った時よりも、慣らしを行ってからのほうが速くなる。

だが、慣らしの方法は一つではない。
簡単にできる方法や一手間加えたやり方など、人によって慣らしの方法は異なる。

そこで、今回はミニ四駆のモーター慣らしについてまとめてみた。
簡単に出来る方法も載せたので、初心者の人でも参考になると思う。

それでは、早速ミニ四駆のモーターの慣らし方をみていこう。

Sponsored Links

ミニ四駆モーターの慣らし方(初心者向け)

まずは初心者向けに一番簡単なモーターの慣らし方について説明する。
モーターを慣らす手順は以下の通り。

  1. シャーシからギアを外す
  2. アルカリ電池をセットする
  3. 10分回す
  4. 休憩(モーターが冷めるまで)
  5. 10分回す(出来れば逆回転)
  6. 休憩(モーターが冷めるまで)
  7. 3〜6を繰り返す
  8. 終了

ギアを外すのはモーターへの負荷を減らすためなので、タイヤが回らなければOK。
新しく組み立てたミニ四駆ならシャーシの慣らしもかねて、ギア付きでも良いかも。

電池はアルカリ電池を使用。
マンガン電池だと電圧が低いので、アルカリ電池を使うように。

10分回したら休憩を挟み、モーターが冷めるのを待つ。

モーターが冷めたら再度10分回す。
この時、電池を逆につけるとモーターを逆回転させることができる。
ただし、シャーシによっては電池を反対につけることができない。
その場合はそのまま同じ方向でOK。

合計で40分回してモーターの慣らしは終了。

これだけで、買った時よりもモーターがよく回るようになるはず。

休憩を挟まずに一気に回したほうが、時間節約になると思う人もいるかもしれない。
だが、休憩は挟んだほうが良い。

なぜなら、モーターは熱にとても弱いから。

ミニ四駆モーターは熱に弱い

モーターは使う時間が長くなると温度がどんどん上昇する。
ミニ四駆を走らせた後、モーターを触ると熱いのがわかるはず。

モーターの温度が上がると、モーター内部の磁石が弱くなる。
その結果、モーター本来の力が出せなくなってしまい、スピードがダウン

モーターの慣らしをして速くするはずが、逆に遅いモーターになってしまう。

だから、10分ごとに休憩して出来るだけモーターが熱を持たせないように。

モーターの慣らしの必要性について

正直、モーターの慣らしが必須かと言われれば、必須ではない。

普通に走らせていれば、それが慣らしになり徐々にスピードは上がる。

図にするとこんな感じ。

ミニ四駆モーターのスピードと使用時間の関係

そもそもモーターによってあたり外れがあり、選んだモーター次第な部分もある。。

もし興味があるなら試してみるぐらいでちょうど良いと思う。

上記のやり方でも多少は速度が上がる。
ここでは10分ずつ回したが、人によって時間はマチマチ。
色々試したい人は、少しずつ時間を変えてみるのも面白いと思う。

ちなみにモーターの回転数はスマホのアプリで測定できる。

初心者はここまでの内容を知っておけば十分。

良きミニ四駆ライフを!

以降は中級者以降向けの、もう少し突っ込んだ話をしようと思う。

カーボンブラシと銅ブラシ

ミニ四駆のモーターはモーターの種類によって内部に使われているブラシが異なる

そのため、どのモーターにどのブラシがついているか知っておく必要がある。

・銅ブラシのモーター一覧

  • トルクチューン2モーター
  • アトミックチューン2モーター
  • レプチューン2モーター
  • ライトダッシュモーター
  • トルクチューン2モーターPRO
  • アトミックチューン2モーターPRO
  • レプチューン2モーターPRO
  • ライトダッシュモーターPRO

・カーボンブラシのモーター一覧

  • ハイパーダッシュ3モーター
  • パワーダッシュモーター
  • スプリントダッシュモーター
  • ハイパーダッシュ3モーターPRO
  • マッハダッシュモーターPRO

基本的にスピードが早いモーターにカーボンブラシ、遅いモーターには銅ブラシがついている。

カーボンブラシのほうが強度が高い。
そのため、慣らしの方法に違いが出てくる。

 

Sponsored Links

ミニ四駆モーターの慣らし方(中級者~上級者向け)

モーターの慣らし方をいくつか紹介するが、大会では使用できない場合もあるのであしからず。

高電圧(9Vor6V)慣らし

電圧:9V,6V
慣らし時間:10秒〜30秒
対象モーター:銅ブラシモーター

9Vまたは6Vの高電圧を使用し、短時間でモーターを慣らす方法。

銅ブラシモーターは強度が弱いので、長時間慣らすわけにはいかない。
そのため、高電圧により一気に慣らしてしまう。

高電圧のため、長時間やるのは危険。

・高電圧モーター慣らしの例

  1. 9V10秒
  2. 9V10秒(逆回転)
  3. 1〜2を3回繰り返す

低電圧慣らし(冷蔵庫)

電圧:1.5V
慣らし時間:3時間〜
対象モーター:カーボンモーター

強度の強いカーボンブラシモーターを低電圧(マンガン電池1.5Vなど)で慣らす方法。

長時間回しっぱなしになるので、冷蔵庫にいれてモーターの発熱を抑える。
ただし、結露する場合があるので注意が必要。

時間は人それぞれ。
数時間の人もいれば、数十時間回す人もいる。

・低電圧モーター慣らし(冷蔵庫)の例

  1. 1.5Vのマンガン電池を装着
  2. 冷蔵庫にいれ、電池が切れるまで回す

浅漬け慣らし(水中慣らし)

電圧:3V
慣らし時間:数分
対象モーター:カーボンモーター

お湯または水を使ったモーター慣らしの方法。

浅漬け慣らしは4,50度のお湯にモーターを浅くつける。
水中慣らしは水にモーターを沈めて慣らす。

水を使った場合、冷却効果あり。
また、水を使うことで慣らしの際に発生する内部のゴミを綺麗にできる。

さらに、内部のグリスの落ちが速くなり回転数が上がりやすい。

・浅漬け慣らし(水中モーター慣らし)の例

  1. モーターを2分間お湯または水に入れる(モーターの音が鈍ったら一旦引き上げ、水を抜く)
  2. 1を3回繰り返す

無通電慣らし

電圧:3V
慣らし時間:数分〜
対象モーター:銅ブラシモーター、カーボンモーター

無通電慣らしは、モーターを二つ使う慣らしの方法。

二つのモーターの軸を繋ぎ、慣らさないほうのモーターで慣らす方のモーターを回す。

無通電慣らしの例

  1. 3V15分
  2. 3V15分(逆回転)
  3. 1〜2を繰り返す

モーターの慣らしに答えはない。
なので、各慣らしの例はあくまでも参考程度にして欲しい。

ミニ四駆モーター慣らし機

最後にモーター慣らし機について。

モーター慣らしにこだわり始めたら、モーターならし機はあったほうが良い。

モーターにかける電圧を調整したり、タイマーを設定したりと何かと便利。

無くてもなんとかなるが、あって困るものでもない。
モーターならし機と大げさなネーミングだが、ミニ四駆一台仕上げるよりも安い。

Sponsored Links
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sa-ga

スクスタが楽しくて毎日ときめいてます。
推し→エリチ、ダイヤちゃん、彼方ちゃん。
上級+無凸SR9枚、金アクセのみで全曲クリア達成。
スクスタを楽しむ人が増えたら嬉しいです。

-ミニ四駆
-

Copyright© saganoblog , 2020 All Rights Reserved.