ミニ四駆

【爆走兄弟レッツ&ゴー】星馬烈の歴代ソニックまとめ

バスターソニック

爆走兄弟レッツ&ゴーの星馬烈の歴代ソニックをまとめました。

Sponsored Links

ソニックセイバー

烈の初代ソニック

空力を最大限に利用して走るマシン『セイバー』。
そのセイバーを土屋博士から預かった烈は、コーナー重視のセッティングを施したマシン『ソニックセイバー』を完成させた。

ウイングを立てることでコーナーでのトラクションを稼ぎ、ローラーをタイヤの軸と平行にして安定させている。

トルクチューンモーターを装備しており、グレートジャパンカップ(バトルコロシアム)では宙吊りになったレーンでマグナムセイバーを後ろから押し上げるパワーを見せた。

しかし、大神研究所の噴火口レースで、Jに敗北。
ソニックセイバーはJのプロトセイバーJBに吹き飛ばされ、溶岩の中へと消えてしまった。

ソニックセイバーの成績

  • グレートジャパンカップ地区予選 優勝
  • グレートジャパンカップ決勝大会 失格
  • マウンテンダウンヒルレース 優勝(豪とペア)
  • グレートジャパンカップ(バトルコロシアム) 失格

ソニックセイバー初登場シーンは爆走兄弟レッツ&ゴー!!コミック第1巻に掲載。

バンガードソニック

土屋博士のVプロジェクトによって誕生した、烈の2代目ソニック

コーナリングマシンソニックの特徴を生かし、空力を徹底的に追求した新マシン。
グレートジャパンカップでは、ナイフのような切れ味のあるコーナリングを見せた。

その後、バンガードソニックは土方レイらの勝負に勝つなど活躍するが、ミニ四駆世界グランプリ開催が決まる頃には日本チームで一番古いマシンになっていた。

そして、アメリカ代表チーム『アストロレンジャーズ』と野良レースで「時代おくれのマシン」と言われてしまい、「今のソニックでは戦えない・・・」と烈はソニックの改造を決意するのだった。

バンガードソニックの成績

  • グレートジャパンカップ(遊園地)  2位

バンガードソニック初登場シーンは爆走兄弟レッツ&ゴー!!コミック第4巻に掲載。

Sponsored Links

ハリケーンソニック

必殺技:ハリケーンパワードリフト

烈の3代目ソニック

特徴的なフロントウイングは風の動きを読むセンサーの働きをしており、フロントとリヤのダウンフォースを増すことで駆動力を逃さないドリフト走行が可能になった。

試作段階のハリケーンソニックにはフロントウイングがついていなかった。
しかし、山の中でのセッティングを煮詰めている最中、フロントのダウンフォースが足りないことが判明。

フロントウイングはフロントのダウンフォース不足を補っており、風を味方につけることでハリケーンパワードリフトを実現した。

その後、ロッソストラーダ戦にて、カルロのディオスパーダから攻撃を受け大きなダメージを負ってしまった。

ハリケーンソニックの誕生秘話は爆走兄弟レッツ&ゴー!!コミック第12巻に掲載。

バスターソニック

必殺技:バスターフェニックスターン

不死鳥のように蘇った4代目ソニック

ビートマグナムが後ろにサスペンションがついているのに対し、バスターソニックはフロントにサスペンションを搭載している。

初めはビートマグナムと同様に、リアにサスペンションがついていた。
しかし、烈のイメージしているコーナリングのイメージと違う。
烈がどのようにすればいいか悩んでいる時、ジュンの自転車技(エアターン)を見てに、フロントにサスペンションをつけることを思いついた。

バスターソニックの誕生秘話は爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAXコミック第1巻に掲載。

Sponsored Links

ブリッツァーソニック

烈の5代目ソニック

白を基調としていきた今までのソニックとは異なり、赤を基調としたデザインになっている。

原作には未登場。

ロデオソニック

烈の6代目ソニック
小型ウイングをねかせ、超攻撃的な闘うマシン。

土屋博士から新シャーシを貰った烈だったが、シャーシのポテンシャルを引き出せずにいた。
そこで、新シャーシのパワーに打ち勝つため、補強パーツでパワーをコントロールすることに。
だが、テスト走行中に乱入してきたイタリア代表ロッソストラーダのリーダーカルロから「いくじのねぇ改造」と言われてしまう。

スムーズに走らせることばかりを考えていた烈は、自由にシャーシの力を解き放つことを決心。
補強パーツを全部外し、新シャーシのパワーを完全に出し切ることに成功した。

ロデオソニックの誕生秘話は爆走兄弟レッツ&ゴー!!飛翔!!烈&ソニック編に掲載。

Sponsored Links

ブラストソニック

列の7代目ソニック。
ウィングだけでなく、ボディ全体で空気の流れを制御する可変ボディシステムを搭載したマシン。

土屋博士の推薦で外国に留学することに決めた列。
勉強に集中するために、ミニ四駆をやめることに。

だが、豪に「それなら俺がミニ四駆ナンバーワン」と言われ、納得が行かない烈は豪と最後のレースに挑む。
最後のレースに向けて、烈はマグナムに勝つための新しいマシン『ブラストソニック』を完成させた。

ブラストソニック初登場シーンは爆走兄弟レッツ&ゴー!!Return Racers!!第1巻に掲載。

Gブラストソニック

必殺技:Gブラストソニックファイアスピンダンス
ブラストソニックが炎に焼かれ生まれ変わったマシン

豪との最後のレース中、アクシデントによりブラストソニックが炎の中へ飛び込んでしまう。
炎の中からなかなか出てこないソニックに、いつも冷静な烈が「お前を信じているからな!!!」と叫ぶ。
勝負を諦めたくない烈の気持ちに応えるように、ブラストソニックは炎の中を突破。
Gブラストソニックとして生まれ変わり、闘争心むき出しの走りを見せた。

Gブラストソニック登場シーンは爆走兄弟レッツ&ゴー!!Return Racers!!第1巻に掲載。

Sponsored Links
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sa-ga

スクスタが楽しくて毎日ときめいてます。
推し→エリチ、ダイヤちゃん、彼方ちゃん。
上級+無凸SR9枚、金アクセのみで全曲クリア達成。
スクスタを楽しむ人が増えたら嬉しいです。

-ミニ四駆
-

Copyright© saganoblog , 2020 All Rights Reserved.